プランメーカーの利用規約|旅館・ホテル宿泊予約システム「プランメーカー」

利用規約

有限会社オフビート(以下「甲」という)は、「宿泊予約システムプランメーカー」(以下「本サービス」という)の利用に関して以下の約款(以下「本規約」という)を定め本サービスの利用・運用に適用いたします。
第1条(本規約の適用)
1. 甲が本サービスを利用して宿泊予約を受ける旅館及びホテル等の宿泊施設(以下「乙」という)との間で締結する利用契約は、本規約の定めるところによります。
2. 甲があらゆる方法で乙に対して伝達する内容の一切を、乙は本規約の一部と認め承諾するものとします。
第2条(通知及び同意の方法)
1. 甲から乙への通知は、甲からの電子メール、その他甲が適当と認める方法により行われるものとします。
2. 前項の通知が電子メールで行われる場合、乙が申し込み時に登録した電子メールアドレス宛の発信をもって通知が完了したものとみなします。
第3条(利用契約の成立)
1. 乙は甲に対し、所定の申込用紙に所定の事項を記入したうえで提出していただきます。
2. 本サービス利用規約は、甲が前項の申込に対し承諾し、本サービスが利用可能になった時点で成立と致します。
第4条(本サービスに関して)
1. 本サービスは、24時間、年中無休で提供いたします、但し甲は本サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合、或いは戦争、暴動、騒乱、天災、停電、その他の非常事態等により、本サービスの提供が通常通り行えなくなった場合、またインターネットの不通、サーバーの不具合等の予期せぬ事態により本サービスが停止する場合、その他甲が本サービスの運営上、一時的な中断を必要と判断した場合、本サービスの運営を中断できるものとします。

2. 甲は前項の規定により、本サービスの運営を中断する時は、あらかじめその旨を乙に通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
第5条(甲の責務)
1. 甲は本サービスの安定稼動に努めます。
2. 甲は本サービス運営に伴い入手した宿泊施設の秘密情報・個人情報を他に決して漏らすことのないように情報管理に努めます。
3. 本サービスに登録された情報内容の誤り、空予約、不泊等、乙とお客様との間で宿泊予約に関して生じる一切の損害について、甲は一切の責任を負わないものとします。
4. 甲は乙が本サービス利用に関して、当該一般利用者との間に紛争が生じた場合について一切の責任を負わないものとします。また、甲は当該紛争に関して一切の費用又は損害賠償を負担することはないものとします。
5. インターネットの不通、サーバーの不具合等の予期せぬ事態により本サービスが停止した場合に生じる一切の損害について、甲は責任を負いません。
6. ユーザーアカウント及びこれに対応するパスワードが第三者に使用されたことによって乙が被る被害について、甲は一切の責任を負わないものとします。
第6条(乙の責務)
1. 乙は、甲に対し、定められた利用料金を所定の方法にてお支払いいただきます。
2. 乙は、空室情報やプランの登録を乙の責任をもって常に最新の情報となるよう実施するものとします。
3. 乙は、宿泊予約に伴う個人情報を業務の処理以外には決して使用せず、個人情報を他に漏らすことのないよう情報管理に努める。
4. 乙は本サービス申込み後、甲が乙に貸与するユーザーアカウント及びにパスワードの使用及び管理について、一切の責任を負うものとします。
5. 乙が本サービスの利用に起因又は関連して、第三者に対して損害を与えた場合、乙は自己の責任と費用において解決し、甲に迷惑をかけてはならず、また損害を与えてはならないものとします。
6. 乙は、本サービスを使用して、受信し、または送信する情報について、本サービス用設備の故障によるデータの消失を防止するための措置をとるものとします。
第7条(利用契約の有効期間)
1.本サービス利用契約の有効期間は、契約成立の日から満1年とし、当社及び宿泊施設のいずれからも、有効期間満了の日から1ヶ月前までに何らの申出も無い場合は、自動的に有効期間満了の日の翌日から1年間延長されるものとしそれ以降も同様とします。
第8条(利用料金)
1. 本サービスの利用料金は運営上の為、乙の承諾を得ずして変更・改正する事を乙は承諾するものとします。
2. 初期導入費用に関しては甲が本サービスの申込に対し承諾後、乙は甲が請求する料金を指定する期日以内に所定の方法で支払うものとします。
3. 利用開始月の月額利用料に関しては甲が乙にユーザーアカウント及びにパスワードを発行し本サービスが利用可能になった時点の7日後から発生するものとします。
※その場合の月額利用は料金発生日に応じて下記の内容で割引かせていただきます。
(1)月初〜10日まで…0%
(2)11〜20日まで…40%
(3)21〜月末まで…70%
4. 利用料金等の支払いにおいて、振込手数料が発生する場合は乙の負担とします。
第9条(利用停止と契約解除)
1.乙が、次の各号の一つに該当する場合、当社は、直ちに本サービスの利用を停止する措置をとり、利用契約を解除することができます。
(1)乙が利用申込時に虚偽の申告をした場合。
(2)利用料金の延滞が3ヶ月以上続いた場合。
(3)その他、契約当事者としての信用に不安が生じた場合、あるいは乙の実情が公序良俗に反する場合等、不適当となったと甲が判断した場合。
第10条(乙による解約)
1. 乙は本サービスにおける利用契約を解約する場合、甲に予め申出を行うものとします。
2. 乙は、第7条の定めにかかわらず、中途解約届出書を甲に提出することにより、何時でも、本サービス利用契約を解約することができます。
但し、この場合、乙は解約した月の月額利用料を含む甲に対する債務全額を直ちに支払うものとし、甲は既に領収した料金の払戻は致しません。
3. 既に甲に支払ったすべての料金の返金は一切行われないものとし乙はこれを了承します。
第11条(約款の改訂)
1.本規約は、予告なく改訂することがあります。
第12条(全般)
1. 本サービスに関連して、甲と乙との間で紛争が生じた場合には、当該当事者が共に誠意をもって協議するものとします。
2. 甲は、乙の承諾を得た上で、乙の情報を抽出・再編集して、インターネット、書籍、放送その他の媒体を通じて、発表することがあります。この場合の一切の権利は甲に帰属するものとします。
平成18年2月25日 制定
平成18年5月15日 改訂